比較するまでもなく、データ復旧に確実なのはこまめなバックアップ

Pocket

ハードディスク、CD、DVD、USBメモリー、SDカードといったデジタル記録メディアに保存してあったデータが、ある日突然消えてしまったり、動かなくなってしまったりすることがあります。大切なデータほど、そのショックは大きいものです。データ復旧の無料ソフトや有料ソフトがネット上には存在していますが、それらである程度の復旧はできますが、限界もあります。そういった時、データ復旧を請け負っている業者に頼むのをお勧めします。業者に頼む際は、必ず見積もりに出しましょう。しかし、あちこちの業者に値段を比較するために出すのはよしましょう。データを復旧できるかどうかの診断を行うことで、さらに状態が悪くなってデータの復旧が困難になってしまうこともあります。見積もりした後に、見積書と共に復旧できるデータをリストにして送ってくれる業者を選びましょう。また、資格をきちんと表記している業者を選ぶこともポイントです。料金ですが、見積もりはどこも大体無料で行ってくれます。ただ業者へ送る際の送料は自己負担となります。記録媒体やそれらの状態によって、値段は大きく変わります。安く済んでも1万円はかかります。高くなってくると、10万円、20万円を軽く超えてしまうケースもあります。業者に頼んだからといって、必ず全てのデータが無事に復旧できるというわけではありません。一番確実で安く済むのは、各自がデータのバックアップをきちんと取っておくことです。定期的にデータをバックアップするように心がけましょう。