データ復旧業者の比較

Pocket

パソコンデータ、デジカメ写真など、ここ数年の間で紙という媒体が多くなってきており、データの保存のほとんどは電子データだけ保存というのが増えました。電子データは場所もとらないし、インデックスもつけやすいという反面、記憶媒体破損時にはデータすべてが消失する危険もあります。プライベートで保存しているデータならまだしも、ビジネスで使用しているデータが来てしまうと大変です。そこで、データ復旧を専門としたデータ復旧業者という仕事があります。具体的にはその名前の通りになりますが、消失あるいは破損したデータを正常に読み取り、または書き込みができるまで復旧してくれるサービスです。復旧業者も各社さまざまなサービスを行っているようですが、その大きな違いを比較してみました。消失したデータを復旧する上で最大のポイントとなるのが、依頼する側が必要なデータが確実に復旧できるかです。たとえば、お金は支払うけれど、何が復旧できるかはやってみないとわからないと言われると依頼する側は無駄にお金を消費するだけになってしまいます。従って、これらの業者の中には、事前に何のデータがどのように復旧できるのかを教えてくれる業者もあります。またはデータやファイル形式のみを教えてくれる場合もあります。これらの情報が事前にあるか、ないかによって依頼する側には大きな安心感が生まれるので、依頼する側、依頼を受ける側に双方にとってトラブルの少ない取引が可能になります。復旧サービス自体には細かい違いはあるものの、大きな違いはないことから、このあたりでサービスに違いが発生しています。