データ復旧の比較-業者に頼むメリットとは何か-

 みなさんはこれまでにパソコンの修理などを業者に頼む機会がありましたでしょうか。もしないのであればそれは非常にラッキーなことと言えるでしょう。パソコンという精密機械は非常にデリケートなものであり、何らかの原因により使用中に大きな衝撃が加わると簡単に利用できなくなってしまいます。そういった経験がないということはあなたがパソコンを大切に扱っていることの証明といえるでしょう。 しかしどんなに大切に使用していても故障してしまうことはあります。自分には全く落ち度がなくても突如としてパソコンが起動できなくなるような事態に襲われることは十分ありえるのです。自宅にパソコンが複数台あってデータ等を分散させていればそういったことが起きても恐るるに足りません。しかし実際にパソコンを複数台もち且つ重要な情報を分散して管理しているような人はほとんどいないと言いでしょう。むしろほとんどの人は突如故障に見舞われた場合どうしようもなくなってしまうのが普通です。そういった場合に備えて近くのデータ復旧業者などの連絡先はきちんと控えておくことをオススメします。もちろん個人でデータを回収できるような技術をもっていれば別ですが、そのような知識を持っている人はほとんどいません。加えてパソコンに少し詳しい人とその道のプロの技術を比較すればどちらが安心できるかは火を見るより明らかでしょう。データ復旧などの重要な問題は素直に業者に依頼して解決してもらいましょう。

比較するまでもなく、データ復旧に確実なのはこまめなバックアップ

ハードディスク、CD、DVD、USBメモリー、SDカードといったデジタル記録メディアに保存してあったデータが、ある日突然消えてしまったり、動かなくなってしまったりすることがあります。大切なデータほど、そのショックは大きいものです。データ復旧の無料ソフトや有料ソフトがネット上には存在していますが、それらである程度の復旧はできますが、限界もあります。そういった時、データ復旧を請け負っている業者に頼むのをお勧めします。業者に頼む際は、必ず見積もりに出しましょう。しかし、あちこちの業者に値段を比較するために出すのはよしましょう。データを復旧できるかどうかの診断を行うことで、さらに状態が悪くなってデータの復旧が困難になってしまうこともあります。見積もりした後に、見積書と共に復旧できるデータをリストにして送ってくれる業者を選びましょう。また、資格をきちんと表記している業者を選ぶこともポイントです。料金ですが、見積もりはどこも大体無料で行ってくれます。ただ業者へ送る際の送料は自己負担となります。記録媒体やそれらの状態によって、値段は大きく変わります。安く済んでも1万円はかかります。高くなってくると、10万円、20万円を軽く超えてしまうケースもあります。業者に頼んだからといって、必ず全てのデータが無事に復旧できるというわけではありません。一番確実で安く済むのは、各自がデータのバックアップをきちんと取っておくことです。定期的にデータをバックアップするように心がけましょう。

データ復旧業者の比較

パソコンデータ、デジカメ写真など、ここ数年の間で紙という媒体が多くなってきており、データの保存のほとんどは電子データだけ保存というのが増えました。電子データは場所もとらないし、インデックスもつけやすいという反面、記憶媒体破損時にはデータすべてが消失する危険もあります。プライベートで保存しているデータならまだしも、ビジネスで使用しているデータが来てしまうと大変です。そこで、データ復旧を専門としたデータ復旧業者という仕事があります。具体的にはその名前の通りになりますが、消失あるいは破損したデータを正常に読み取り、または書き込みができるまで復旧してくれるサービスです。復旧業者も各社さまざまなサービスを行っているようですが、その大きな違いを比較してみました。消失したデータを復旧する上で最大のポイントとなるのが、依頼する側が必要なデータが確実に復旧できるかです。たとえば、お金は支払うけれど、何が復旧できるかはやってみないとわからないと言われると依頼する側は無駄にお金を消費するだけになってしまいます。従って、これらの業者の中には、事前に何のデータがどのように復旧できるのかを教えてくれる業者もあります。またはデータやファイル形式のみを教えてくれる場合もあります。これらの情報が事前にあるか、ないかによって依頼する側には大きな安心感が生まれるので、依頼する側、依頼を受ける側に双方にとってトラブルの少ない取引が可能になります。復旧サービス自体には細かい違いはあるものの、大きな違いはないことから、このあたりでサービスに違いが発生しています。

データ復旧や比較に関してのこと

PCを使っていると、データというものがよくでてくる。データ復旧とは古い記憶を修復するという意味で僕は使っている。比較はものの比べという意味で僕は使っている。データ復旧を使う時はよっぽどじゃないと使う場所がない。例として誤ってゴミ箱に重要なファイルを入れてしまって、消してしまったというときに復旧ソフトを使う。こういうことをなくすには日頃から気を付けておかないとだめだ。復旧業者というのもあるがこの業者を利用するのは自分ではもうどうしようもないっという時だけにしておいたほうがいいそうしておけばお金的な面で大丈夫になっていく。数々あるなかで復旧ソフトを比較してみた というのがあるがあれは実際に使用しないとわからない分類にある。自分の重要なファイルを復旧させるならばそのPCにあった復旧ソフトを選ぶべき。比較は余裕がでてきたときに個人的に利用し自分の意見を出すのにやったほうがいい。復旧は大事なファイルを直すのに使用するべきであってむやみに使用しているとその復旧しようとしているファイルが壊れてしまうのである。だから、復旧するときは本当に復旧が必要であるか、その復旧ソフトは安心して使えるかを確かめて使用する必要がある。怖いところはPC自体壊れかねないソフトがあるので慎重に人の意見を聞き自分で判断してそのソフトを入手する必要がある。そういうことをしていくことで自分の力でPCを守っていくことが可能になっていくのだ。

データ復旧の比較-業者と個人-

 パソコンの故障というのはいつ起こるかわからないのが困りものです。重要な文章を書いている時に突然起こりそれまでに書いてきた内容がすべて水の泡になることもあります。可能であるならばそういったことは避けたいところですが、なかなかそううまくは行きません。パソコンに関するトラブルはいつ襲ってくるかわからないのです。 さてパソコンのトラブルで最も多いのがオペレーション・システムが立ち上がらなくなることです。これの原因で最も多いのはハードディスクに傷が入ることです。これはパソコンがオンになっている状態で強い衝撃が加わった際によく起こります。そうなると、そのハードディスクでは起動できないわけですから、データ復旧が必要となります。このデータ復旧ですが大まかに分けて業者に頼む方法と個人で済ます方法と2通り存在します。後者の場合はお金がかからないという最大のメリットがあります。しかしリスクも伴います。多くの人はパソコンの修理に不慣れですからそう簡単には行かないでしょう。一方業者に頼んだ場合はそういった心配が全くありません。彼らはパソコンの故障、トラブルなどに関してのプロですから余程のことがない限り必要な情報をほぼ確実にサルベージしてくれます。 データ復旧を業者に頼んだ場合と個人でやる場合を比較しますと、その個人がパソコンに余程の知識を有している場合を除けば圧倒的に業者が優れているといえるでしょう。パソコンの故障の際には迷わず業者に頼みましょう。

close